忘備録・Lightroom6の姑息な使い方

デジタルカメラで多く採用されているファイル形式ははJPGとRAW
RAWファイルはそのままでは映像として見ることが出来ないので
対応ソフトで現像作業が必要になります

何種類かある現像ソフトの中で
私が使っているLightroom6がありますが
数年前にV6を最後にDISKでの単体販売は終わってしまい
新しく販売されたカメラやレンズのプロファイルが登録されなくなり
撮った画像の処理が出来なくなりました

その後Lightroom CCと名前を変えて販売方法を
月額980円(税別)~のクラウドベースの販売方法に変更し
新しく出たカメラやレンズの補正データは都度追加され
ソフトの買い替え等はなくなったのは良いのですが
いかんせんたいした機能も使わないのに
年間約12,600円も払って使うメリットはと思いたち
v6を弄って何とか最新機種で使えないか色々調べてくうちに
ある方のWEBページにたどり着きました

その方のページではレンズプロファイルを自分で作成して
登録する方法が書かれていましたが
色々調べていくうちにDNGコンバータにプロファイルがあったので
それを利用して実験してみる事にしました

***クリックしていただくと 大きな画像でご覧いただけます***

まず最初にやる事はAdobeのWEBページから
最新のDNGコンバータをダウンロードしてインストールします 
此れ必須

1.新しく出たレンズを追加する方法
 下記のフォルダを順にたどり
 追加したいレンズのデーターを探してコピーします
 下記の例では
 SONYの E 18-135mm F3.5-5.6 OSSというレンズが対象です
 レンズデータのファイル拡張子はlcpです

ローカルディスク(C)
・ProgramData
・Adobe
・CameraRaw
・LensProfiles
・1.0
・SONY
・SONY (Sony E 18-135mm F3.5-5.6 OSS) – RAW.lcp

コメント 2020-05-04 120116.jpg


2.コピーしたレンズデータのペースト方法
 下記のフォルダを順にたどり
 LensProfilesフォルダに上記1でコピーした
 SONY (Sony E 18-135mm F3.5-5.6 OSS) – RAW.lcp
 のファイルを貼り付けます

ローカルディスク(C)
・ユーザー
・ユーザー名
・AppData
・Roaming
・Adobe
・CameraRaw
・LensProfiles

コメント 2020-05-19 115424.jpg

Lightroom6のレンズ補正・プロファイル上に
追加したレンズが出てきます

1.jpg

以上で新しく発売されたレンズの補正データは
Lightroom6で使えるようになりますが
正しく補正されているかは定かでありません
私はSONYの純正ソフトの結果と見比べて
違いが分からないので使用しています
あくまでも私的実験ですので
もし実行されて起きた
システム上の不具合等の責任は負い兼ねますので
あくまでも自己責任でお願いいたします


:::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::


次は新しく発売されたカメラの追加をしてみます
但しこの方法でカメラを追加しても
RAWファイルそのままでは読み込みも現像もできません
使用するにはRAWファイルを先ほどインストールした
DNGコンバータを使用して
RAW→DNGファイルに変換しておく必要があります
読み込み 現像とも変換されたDNGファイルが対象になります


1.新しく出たカメラ追加方法
 下記のフォルダを順にたどり
 追加したいカメラのデーターを探してフォルダ毎コピーします
 下記の例では
 SonyILCE-7RM4のカメラが対象です

 ローカルディスク(C)
・ProgramData
・Adobe
・CameraRaw
・CameraProfiles
・Camera
・SonyILCE-7RM4

コメント 2020-05-12 174942.jpg

参考にα7rm4フォルダの中身はこうなっています
カメラ補正のデータですかね

コメント 2020-05-04 140205.jpg


2.コピーしたカメラデータのペースト方法
 下記のフォルダを順にたどり
 CameraProfilesフォルダに上記1でコピーした
 SonyILCE-7RM4のフォルダを貼り付けます

ローカルディスク(C)
・ユーザー
・ユーザー名
・AppData
・Roaming
・Adobe
・CameraRaw
・CameraProfiles

コメント 2020-05-19 120010.jpg


Lightroom6のカメラキャリブレーション上に
追加したカメラの補正が出てきます

2.jpg

カメラの追加はしなくても現像は出来ますが
その時出てくるカメラ補正はAdobeStandardだけとなり
現像の楽しみ?が減るかな・・・

3.jpg
以上で新しく発売されたカメラとレンズの追加は終わりです
私はこれで結構満足して使っていますが
あくまでも私的実験ですので
もし実行されて起きた
システム上の不具合等の責任は負い兼ねますので
あくまでも自己責任でお願いいたします

何故そこまでして使うか不思議に思われるでしょうね?
無料の純正ソフトでは出来ない事も出来るし
昔から使っているので慣れている事も有るからですかね
ケチケチしないでCCを契約すれば良いのですが
生活にどうしても必要でない物なので踏ん切りがつきません

最後まで見ていただき、有難うございました。

ランキングに参加しています。。
よろしかったら、ポチッとクリックして 応援宜しくお願いします.
↓   ↓

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

2020年05月22日 18:49
こんばんは、中々高度な操作をされている様に拝見しました、参考にならないと思いますが私もRAWで写してCANONのカメラの付属のDigital Pohto ProfessinalでJpegにしてCorelShop で色づけしています、中々思う通りに写らない・そして色が出ないの連続です、だから面白いのでしょうか?
tequila73
2020年05月24日 10:23
Yoshiさん
今日は
Stay At Homeで暇を持て余して
色々弄って遊んでます。
私もCanonのカメラ使ってましたので
DPP使ってました。無料でも良いソフトですよね。
並行してLightroomを使い始め今に至ってます。
私は細かい調整は余り行わないので
自分で作った透かしを選択画像に一度で
入れられる所が一番好きです。