H87-PROマザーとPV4


今までの録画用PCから、移し変えようとしましたが・・・

PV4はD4映像入力端子を持った、アースソフト製の
PCIアナログコンポーネントビデオキャプチャボードです。

デジタル放送が始まった頃のDVD(HDD)レコーダーには
HDMI端子の他に、D端子という映像出力が装備されていて
そこからはD4規格のアナログコンポーネント信号が
出力されます。
デジタルで無くアナログなのが味噌なんですが?
此れを記録するのに使っているのがPV4です。

D端子の出力を解像度の低いものにする計画も有るようですが
アナログハイビジョンテレビが
現存する限りは実現できないようですね。

最近の録画機にはD端子は有りません。
D端子どころかS端子、赤・白・黄色のRCA端子も
省かれる方向のようです。
コピー防止機能を持たせることが、出来ない事も
要因の一番のようですが・・・

さて、最新のマザーに載せたPV4はどうでしょう。
残念ながら、
PCI帯域不足でハイビジョンのキャプチャは無理でした。
解像度を落とせば記録できますが、それでは意味が無い。

と言うことで、元のP5Q-Eマザー搭載のPCに逆戻りです。

PT2とPV4を移行させようと思い、PCIスロットの多い
H87-PROを選んだのですがね、思惑が外れて
チョコットがっかりだな・・・

新しいマザーだからPCI帯域は大丈夫だろうと思い
調べずに購入した自分が悪いですね。

尚、PV4は2008年11月で生産終了しています。




PV4ボード


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック